妻と夫

戦国武将の妻と夫についての漫画を読んだ。

それは歴史上においてとても興味深いものだった。

子のなかった信長と濃姫(帰蝶とも)、秀吉とねね。

オトナの思惑に振り回されてた秀頼と千姫

2人の妻がいる晴信(武田信玄・それが戦国時代では当たり前だったのだが)。

死を選ぶしかなかった細川たま(ガラシャのこと。細川忠興の妻)。

結構読んでみると面白い。

ならば、戦国時代の武将の妻たちのことを調べたいものだと思った。

『お江と戦国武将の妻たち』(小和田哲夫・角川ソフィア文庫)を買った。

お江(徳川秀忠の妻)視点で描いたものはどんな感じなのか、楽しみ。

ちなみにわたしが読んだ漫画は『ふたりじめ』『ふたりごと』(藤見よいこ・本郷和人

監修・解説/ともに実業之日本社)という戦国夫婦物語というサブタイトルあり。

柴田勝家お市などあまり見られない夫婦もいるよ。

広告を非表示にする