親子トラウマ親の昔の夢を子がかなえる?

トラウマカウンセラー柳澤由理です。

彡彡彡彡

彡彡彡

親子関係がうまくいかない、親に困っている方への記事の続きです。

彡彡彡彡

映画とか見ていると

父親が息子が進もうとする道に反対していたけれども

実は父親が亡くなってから

父親の机の引き出しから

息子が活躍している記事の切り抜きを

スクラップしたファイルが出てきたとか

そのファイルの下から

父親が若い頃に実は息子と同じ道をチャレンジしようとして

挫折したことをあらわす写真が出てきたりします。

それを見て息子は

お、お父さん!

そういえば幼い僕に夢をうえつけてくれたのは

お父さん、あなただったではないですか。

と言って

亡き父を忍んで泣くという場面が

あったりします。

彡彡彡彡彡

子どもの夢が作られていく下地は

意外に親のこれが面白いだろう

とかこれはきれいでしょうとか

こうやってやるとうまくいくんだよ

と幼いわが子に教えることが

きっかけになっています。

親の趣味そのまんまがこどもの道に

なる訳ではありません。

親と子は別の人間です。

でも

こどもは微妙に親の機嫌のよさに

敏感です。

こういうのがお父さんの好きなこと

こうしているとお母さんは嬉しそう

というようなことを

何気なく察します。

親が意識的に感じていることだけでなく

無意識な機嫌の善し悪しでさえも

感じ取っています。

??お母さん、微妙に、だけど

私が病気だと嬉しそう??

お母さん、そうなの?

と思いながら子は病気になってみたりします。

色なケースがありますから、

それだけとは限りませんが。

親子関係を通して、

自分自身に気づくチャンスです。

無料メールマガジンにご購読ください