ヒスタミン不耐性

自分は今までヒスタミンアレルギーと思っていましたがどうも違っていたみたいです。

いや、あっているんですけど

アレルギー反応の結果出てくるヒスタミンと食事で摂取したヒスタミンとは

問題の大きさが全然違うみたいですね?

食べ物から入ってきて症状が出るのがいわゆるヒスタミン不耐性ってやつ

でいいのかな?

これがいろんな問題を引き起こしてきます

どういう症状が出るかは以前に書きましたが、そういう症状が出ます。

もっともっといろんな症状が出るみたいです。

ホント、こんなものまで?と思えるほどで特有の症状ってのがないんですよ。

食べ物で判断するしかないかもしれないです。

ヒスタミン不耐性の原因としては

分解できる量以上のヒスタミンが入っているか分解能力が低いか。

さて、よそから入ってきたヒスタミンを処理するにはジアミンオキシターゼ:Diaminexidaseという酵素が必要になります。

このDAOの生産能力が低下したり、入ってくるヒスタミンの量がの量を超えると、ヒスタミン不耐性の症状が出てきます。

の生産能力低下の原因として、ビタミンB6、マグネシウム亜鉛、ビタミンC、必須脂肪酸が足りない事があります。もしくは吸収してくれない。

そうするとやっぱり腸の問題であり、カンジダの問題も出てくるでしょうし、の問題も出てくる。

そうするとグルテンカゼイン、重金属の問題を避けられなくなったり、化学物質の問題を避けられなくなったり

うん、重金属といえば農薬も原因だし、保存料、着色料とかアマルガム亜鉛の吸収を妨げますしね?マグネシウムは現代人が慢性的に不足しているミネラルですしね。

こういうものの使い過ぎ、摂取しすぎがもしかしたら人間のヒスタミン処理能力を超えているのかもしれませんね?

対策としてはヒスタミンを多く含む食べ物を避ける、大根おろしがすごくいいみたいです。

大根おろしに関してはこちらを参照してください

に関しては書いていませんけど(;A

その他、太田胃散がいいとは知らなかった()

ほかにも山芋もいいらしいですね。ただ、シュウ酸も多く含んじゃってますから

そのあたりの兼ね合いが難しい気もします。

先人の知恵ってのは大したものでもしかしたらですけど、

焼き魚に大根おろしってのは発がん予防だけでなくヒスタミン対策ってのもあるのかもしれません。

おろしそばってのもヒスタミン対策かもしれませんね。

あおい歯科クリニックは

安全なアマルガム除去を行っております。

切削量の少ない虫歯治療法、

海外のホワイトニングシステム、

オーソモレキュラー医学に基づく栄養療法、

プロバイオティクスサプリメント外来プラセンタ治療、点滴療法、重金属蓄積検査、フードアレルギー検査等を行っています

副腎疲労症候群、慢性疲労症候群カンジダ症、セリアック病、ノンセリアック病、リーキーガット症候群、発達障害などでなどでお困りの方もご相談ください。

広告を非表示にする