入院前日

母の入院が明日となり、

今日はせっせと荷造りデー。

昨日は、

三連休後の出社だったにもかかわらず、

めちゃくちゃ眠くて、

早に帰宅し、

2時間ほど仮眠をとってから

だと、もう9時になってしまったが、

食事をする始末。

それでも、

やっぱり眠たくて、

先週から飲み始めた

週一のステロイドが40mgになった

反転作用の大きさなのかなぁ。

ハイとローの振幅を緩和するために、

レナデックス1錠4mgの翌日三日間、

デカドロン1錠05mgを3日間飲んでも、

あまり緩和されている感じはしない。

むしろ、

ローが尾を引く日数が長引いている気がする。

そういうわけで、

新幹線の車中でも、爆睡。

ただ、

今週のステロイドデーは、

実家への移動と明日の入院に備え、

今日に設定したので、

朝飲んだレナデックスが

午後になって効き始め、

ちょうど実家に着いてからは

体が動くようになり、

作業ははかどった。

今日は、

入院準備もさることながら、

ワタシがこれまで

両親の日常生活全般を見ていて

改善したらいいのにと思って

調達してきたグッズを母に渡し、

中身を入れ替えたりしたのが

目だったシゴト。

まずは、通院バッグ。

すさまじいピンボケだった。。。

とにかく、軽く、

仕分けができて、

中の生地が明るく、

ショルダーベルトの太さがある程度あり、

長さが調節できるもの。

バッグなんて、

女のご多分に漏れず、

よりどりみどりいろいろあるのに、

上記の条件を満たすものがなく、

ショルダーが細くて長さの調節もできず、

中が暗くて物が見つけにくいバッグを

通院のたびに使っているのが危なっかしくて

しょうがなかった。

よって、

ちょうど、貯まったマイレージ

ゲットしたクーポン券があったので、

それでうまく、このバッグを調達。

早速、

通院に必要な貴重品を入れ替えた。

加えて、こちらも通院用として。

病院は寒いので、

ストールやカーデガン、

目が弱いのサングラス、

帰りには薬を入れて持ち帰る用の

バッグとして。

通常は、同行するヘルパーさんに

持ってもらうが、

自立する上に、

ファスナーで口が閉まるため、

安心感がある。

これは、

つい最近、

ほんとは自分用に見つけて買ったのだ。

雨に濡れても大丈夫な素材で、

口がファスナーで閉まり、自立する、

サブバッグとして、ちょうど理想的な大きさ。

しかも、ちょっと綺麗な柄。

だが、

思えば、母がこういうのを探していたことを

思い出してしまい笑、今回持ち帰った。

案の定、あっさり欲しいと言われたので、

置いて帰ることと相成った。

自分のは、またゲットすりゃいいし。

またローラアシュレイに行かなきゃな。

ご飯茶碗も懸案事項だった。

母のご飯茶碗。

かつては、

白い瀬戸物のお茶碗を使っていたが、

食べるのに時間がかかるため、

最後の方は、磁器の重さに手が疲れて

しまっていたので、

ワタシが持っていた、

塗りのお茶碗を持ち帰った。

でも、最初に持ち帰ったのが、

下右の子供用として売られていたお茶碗。

秋田の川連漆器で、

色とツヤに魅かれて買ったけど

拙宅では出番なかったので、

母には軽くてちょうどよいかと。

でも、

母には小さすぎて、

これで卵かけご飯ができないと

つぶやいたのを聞き逃さなかったワタシは、

2つめの塗りの椀を提供。下左

これは、某老舗店の周年記念で

いただいた象彦漆器の老舗のお茶碗。

拙宅では、この季節、ほぼ枝豆専用に

しているお気に入りだったが、

まぁ、母が快適に食事できるようにするには

致し方あるまい。

とても軽いので、気に入ってくれるはず。

奥が川連漆器の前任。

手前が象彦の後任。

漆器は軽いので、

手が不自由だったり、力がなかったりする人に

特に重宝する。

手が不自由ってんでもないけど、

熱が手に伝わりにくいので、

ワタシのような、

薬の副作用で、

熱いものを熱い!と認識するのに

少時間がかかる人にとっても、

大きな味方なのだ。

そういう実利と、

漆器の艶や手触りに萌え〜と来る、

その両面で、

ワタシは漆器のファンなのら。

どうってことないおかずやご飯でも、

漆器に盛れば、

大層ご馳走に見えるし。

食いしん坊は、

少しでも美味しく見える方法も

追究したい。

といいながら、

本日の夕食は、東京駅で調達した駅弁。

父がこの間、

ワタシが車中で食べそびれて

実家に持ち帰った駅弁を見て、

今度、ワシにも買うてきてと

リクエストがあったのだ。

おこわの米八のお弁当。

両親ともにおこわ好き。

色彩も鮮やかに、いろいろ入っているので、

たぶん喜ぶだろうと。

食事前には、

これまで忙しいのを理由に

放ったらかしていたお仏壇をきれいにし、

お弁当をお供えして、

お線香をあげてお参りしてから、

おさがりとして、披露した。

果たして、

両親の目はキラーン。

わあ、おいしそー!と子どもの様に。

入っている具材の一つ一つは、

家庭料理のようなものだけど、

やはり盛り付けがうまいので、

外へ出かけられず

外食から遠ざかっている両親にすれば、

駅弁ですら、非日常。

とても親孝行なムスメに見えるが、

駅弁で済ませられたら、

晩御飯の支度を端折れて、

実は大助かりなのだ。

いひひ。

こんなものが、

テーブルの上に乗っていたので、

何かと思えば、

息を吹き込んで、

管の先に巻き上がっている紙の管を

伸ばしたり、巻き上げたりを繰り返す

子どもの頃、よくやったおもちゃ。

こんなものがまだ出回っているのと

誰が何のためにどこで調達したのかと

訊いたところ、

訪問看護師さんが、

100円ショップで調達してきてくれたとのこと。

はは〜ん、なるほど!

病院から、

全身麻酔に入りやすくするために、

深呼吸の練習をしてくるようにと

宿題が出ていたのだが、

このおもちゃを使って、

呼気吸気を意識する練習を

させてくれてたんだなと納得。

本来の役割以外のところで、

思わぬ実効を上げるものなんだなと

大いに感心した次第。

ご先祖さまに、

手術がうまくいくようにお参りしたし

若干、苦しい時の神頼み的だけど、

母自身は、外科手術することに対しては

とても淡としているので、

万事うまくいく!と信じて、

今日は寝る。

ステロイド一日目は、

無理に寝る態勢に持っていかないと

なかなか眠くならない。

ローデーになる振れ幅を

少しでも縮めようと思えば、

寝不足にならないように

ハイデーの間でも

意識的に睡眠時間を確保するように

心がけねばな。

広告を非表示にする