ガキ使の騒動

ガキ使のは果たして差別なのかどうなのか。

年末のガキ使番組で浜田さんがどーやらエディマーフィのモノマネをして物議を醸したそうな。

なんか海外のメディアが取り上げたり、日本でも様なお偉いさんが批判したりだとか色あったらしー。

まあ、俺はその時AbemaTVで朝青龍の番組見てたんだがね(めっちゃかっこよかった)

すっげえ偽善者みたいな言い方すると

擁護派と批判派

両方の意見が分かる。

黒人のモノマネではなくエディマーフィのモノマネであって差別意図はないって意見も分かる。

普段攻撃的な浜田が突然あんなモノマネをしたから笑ったのであって肌の色で笑った訳ではない。

そもそも肌の色をモノマネしてそれを笑うのはアウトだからって意見も分かる。

黒人の立場になってみると、もしかすると黒人の人があぁ、俺も日本人にあーいう風に思われてるのかって思う人もいるかもしれない。

これ芸人のハゲやデブのいじりにも通じますね。永遠の課題だと思う。

どっちも分かるって言ったけど

心の奥の底では正直、俺は今回の件は擁護派なのかもしれない。

この件について一番最初に思ったのが別にいいだろ騒ぎすぎだろってなったのが事実。

ただTwitterで様な意見を見て

あー確かにってなって今に至る的な。

あと芸人さんが好きだからかな。

ぶっちゃけ言うと芸人さんの過激ないじりとか毒舌とか正直好きです。

芸人さんが言うとめっちゃおもろいなってなって

一般人が言うとお前それ言って大丈夫か?言われた本人の立場になってみろよってなるのが不思議。

多分、俺は過剰に芸人に対して擁護してるのかもしれない。だから今回のガキ使の件も根本的には擁護派なのかも。

一般人が黒塗りして騒動になったらなにしてんだよこいつらってなってたかも。

え、じゃあ結局はただの芸人擁護派の奴じゃん!

ここまで長文にする意味!

あぁ、文章へったくそだな俺。

広告を非表示にする